医師もオススメ!安心して飲める【痩せる効果】の医薬品

【92%の医師オススメ】痩せる薬・医薬品の代表がコレ!

 

薬を飲むだけで痩せることができれば、簡単だし、辛くもないし..
痩せる薬」というものが本当にあれば、ぜひ欲しいと思う方も多いのではないでしょうか。

 

悩めるダイエッターのために、ちまたにはダイエット効果をうたったサプリメントがたくさんあります。

 

「これ本当!?」と思うような広告やCMに、半信半疑ながらも「ちょっと試してみようかな?」と、思ったり。。。

 

でも、残念ながらダイエットサプリには、検証結果が非常に曖昧で根拠もなく、効果のあるものはほとんどありません

 

劇的なダイエット効果をうたう最新サプリも気になるところですが、実は、もっと信頼できる「やせる薬」があります。そのお薬は、長年病院でも広く処方されている【肥満症】に効く医薬品です。

 

現役医師もすすんで処方する医薬品なら、「1サイズ小さな服を着る」という夢もほぼ確実に叶うでしょう。

 

 

目次

 

 

安全性と効果の高さ『防風通聖散』

 

肥満症や便秘症の方に医師が処方するお薬といえば、『防風通聖散』です。防風通聖散は、体にたまった不要な脂肪などを分解、排出する漢方薬として、古くから知られているやせ薬です。

 

漢方薬は、経験的に効果の実績はあるものの、「なぜ効くのか?」という仕組みについては不明なものも多いです。

 

防風通聖散もそのひとつでしたが、近年、研究・検証実験が行われ、脂肪を分解・燃焼するというその根拠や効果が立証されています

 

2018年4月4日には今まで発見されていなかった「余分な脂質を便と一緒に押し出す効果が発見」されています。

小林製薬株式会社は、名古屋市立大学薬学部(牧野利明 教授)および愛知学院大学薬学部(井上 誠 教授)との共同研究で、肥満症に用いられる漢方薬“防風通聖散”に、余分な脂質を便と一緒に押し出す効果を発見いたしました。

 

小林製薬株式会社ニュースリリースより引用

 

また、医薬品として病院で処方されている防風通聖散ですが、ある薬品メーカーの調査結果によると、実に92%以上の医師が、「自分自身も飲み続けたい」と回答しています。

 

防風通聖散を服用しているたくさんのケースをみてきた医師が選ぶ医薬品だからこそ、その効果と安全性の高さに信頼がおけます。

 

▼防風通聖散徹底比較!▼

おすすめの防風通聖散を今すぐチェック

 

 

『防風通聖散』を選ぶときのポイント

【92%の医師オススメ】痩せる薬・医薬品の代表がコレ!

 

防風通聖散は、病院でもらう医薬品ですが、一般向けにも販売されています。近所の薬局やドラッグストア、インターネットなどで気軽に買えます。

 

販売しているメーカーも様々ですが、漢方薬には決められたレシピがあり、実はどの『防風通聖散』を選んでも、入っている成分はほとんどが同じです。

 

では、何が違うのかというと、大きな違いは成分の量と価格です。量の違いは効き目に比例すると言えるので、どのくらいの量が配合されているのかが大事です。

 

ではどの量を見比べればいいのかというと、重要なのは、「原生薬量」です。

 

最重要な「原生薬量」とは?

 

原生薬量とは、原料となる植物などの生薬の成分の量です。原生薬量は、それぞれの漢方薬によって最大量や配合される種類と割合が決められています。

 

防風通聖散の場合には、原生薬量が、最大量で「27.1g」と定められています。

 

これは、副作用を起こさないように配慮されつつ、効果を最大に発揮できる量で、病院で処方される防風通聖散は、この最大量が配合されています。

 

最大量が配合された医薬品は「満量処方」と呼ばれ、原生薬量が半分のものは、「2分の1処方」と呼ばれます。

 

有名な製品で言うと、ナイシトールZやロート防風通聖散錠満量は、防風通聖散の満量処方です。

 

ナイシトールZ

 

【92%の医師オススメ】痩せる薬・医薬品の代表がコレ!

新・ロート防風通聖散錠満量

 

しっかりとした効き目を求める方には、満量処方をオススメします。

 

見逃し注意!「有効成分量」とは?

 

お薬でよく聞く他の量として、「有効成分量」というものがあります。有効成分量とは、薬効効果のある成分の量なのですが、実は原生薬量だけではなくその他の色々な添加物の量も含まれています

 

例えば、「有効成分6000mg配合!」という防風通聖散がありますが、原生薬27.1gを加工した結果、6000mgの有効成分量として作られているのです。一方で、同じ原生薬量27.1gから4500mgの有効成分になるものもあります。

 

この例では差は1500mgもあるわけですが、薬効とは何ら関係のないデンプンなどの添加物です。

 

つまり、同じ満量処方なら、有効成分量は少ない方が良いということです。少々わかりにくいですが、大事なポイントなので気を付けてください。

 

 

医薬品『防風通聖散』ランキング

参考に、防風通聖散のオススメ度ランキングをご紹介してみたいと思います。

 

選ぶ決め手は、【満量処方】と【有効成分量】、【コスパ】です。

 

 

アイン製薬『生漢煎 防風通聖散』の特徴

知ってる人は知っているメーカーですが、満量処方の中では、かなりコスパが優秀です。
顆粒タイプで錠剤に比べて吸収もしやすく、添加物も少ないです。1包ずつ持ち運びがしやすい点も◎。

価格では、30日分で5900円ですが、初めての人は3900円で購入することができるので、初めて防風通聖散を試す方に特にオススメです。
1日あたりに換算すると、通常で196円(初回のキャンペーン130円)となります。

価格 5900円
評価 評価5
備考 90包(30日分)
1日あたり196円(初回は130円)
満量処方
有効成分量4500mg
初回限定3900円
 
 

ロート製薬『新ロート防風通聖散錠満量』の特徴

ロート製薬の防風通聖散は原生薬量から色々なタイプを選べるようになっていますが、『満量』の表記がある『新ロート防風通聖散錠満量』がおすすめです。
錠剤タイプなので、顆粒のニオイがどうしても気になるという方に。
また、近所の薬局などでも販売しているので、手に入れやすくなっています。

満量処方で、22日分で5300円です。
1日あたりに換算すると240円と、やや割高になってしまいますが、CMでも見かけるため、知名度はあります。

価格 5300円
評価 評価4.5
備考 264粒(22日分)
1日あたり240円
満量処方
有効成分量5000mg
 
 

小林製薬『ナイシトールZ』の特徴

1番CMでよく見るメジャーな製品です。ドラッグストアなどでも売っていることが多いので、街中ですぐに購入できます。

こちらも錠剤タイプです。小林製薬のナイシトールシリーズも、原生薬量が選べるパターンで、それぞれ価格も違います。
オススメの満量が配合されているのは、「ナイシトールZ」なので気をつけましょう。こちらの価格は、21日分で6000円なので、1日あたりでは、285円です。

価格 6000円
評価 評価4
備考 315錠(21日分)
1日あたり285円
満量処方
有効成分量5000mg
 

 

同じ「防風通聖散」でも、原生薬量の違いによる価格の差はもちろんありますが、満量処方の中でもかなり価格に幅があります

 

生薬量と1日あたりの価格をよく比較検討してみましょう。

 

▼コスパでランキング1位▼


⇒生漢煎 防風通聖散の初回半額キャンペーンはこちら

 

 

 

その他の防風通聖散

その他にも各社「防風通聖散」は販売があります。基本的にはここまで書いてきたように、防風通聖散は満量処方がおすすめですが、少し優しい効果のものもご紹介します。

 

EG TIGHT Light(EGタイトライト)(1/2処方)

 

こちらは初回のみでかなり安い防風通聖散。配合量は1/2の量になるので 、満量の半分の生薬が使われています。
定期購入が条件ですが、最初の一回だけ980円で手に入るキャンペーンがあります。

 

優しめの効果なので、もともとお腹の強さに自信がない人や、防風通聖散を始めて試す人には向いています。

 

▼初回だけ980円!▼

⇒【980円キャンペーン】EGタイトLigthはこちら

※定期は初回解約が可能です。

 

ツムラ『防風通聖散エキス顆粒』(1/2処方)

【92%の医師オススメ】痩せる薬・医薬品の代表がコレ!

 

ツムラは漢方で有名なメーカーで、病院で処方されている防風通聖散も、多くがツムラのものです。

 

ただ、ツムラでかつ市販されているものは原生薬量が半分のものになってしまいます。そのため、効果も半分と言えるので、強い効き目を求めていない方には良いかもしれません。

 

ツムラ『防風通聖散エキス顆粒』

 

 

クラシエ『コッポアポEX』(3/5処方)

【92%の医師オススメ】痩せる薬・医薬品の代表がコレ!

 

CMで見かけた方もいらっしゃるかもしれませんが、コッポアポEXも防風通聖散です。

 

原生薬量が15.87gと、2分の1処方よりは多いですが、満量には届きません。ややゆるやかな効果を期待する方に向きます。
TVでは女性イメージのCMですが、効果がそこまで強くないため優しいというイメージ戦略なのでしょう。男性が飲んでも全くOKです。

 

クラシエ『コッポアポEX』

 

 

 

医師もおすすめの痩せる薬のまとめ

防風通聖散は漢方薬という医薬品です。漢方薬は、配合される原料や割合が決められていて、どの防風通聖散も、量以外にはほぼ、違いがありません

 

効き目が最大限の満量処方で選ぶなら、価格はどれも高めです。その中で買いやすさ、継続のしやすさで選ぶなら、少しでも安い方が良いのは言うまでもありません。

 

CMで見かける商品はどことなく安心できるイメージがありますが、CM料がどうしても加算されています。

 

メジャーな商品であればあるほど価格も上がる傾向にありますが、構成成分にはっきり決まりがあるので、効果に違いは出ません。
ですので、「知名度よりは価格」で選んでもOKです。

 

CMには出てきませんが、続けて安く買える、「アイン製薬の防風通聖散」は防風通聖散愛用者の中ではおそらく一番人気です。

 

医薬品は有名度ではなく、ポイントを押さえて賢く買うことをオススメします。

 

▼満量処方が格安の3900円▼


⇒生漢煎 防風通聖散のキャンペーンはこちら

 

 

 

ネットで出てくるその他の痩せる薬

ちなみに、ネットで「痩せ薬」や「痩せる医薬品」と検索して出てくるものを少し紹介しておきましょう。

 

ゼニカル(オルリスタット)

【92%の医師オススメ】痩せる薬・医薬品の代表がコレ!

 

ゼニカルは、海外の医薬品の名前で、成分名としてはオーリスタット(オルリスタット)とも呼ばれます。

 

ほんまでっかTVでも痩せ薬として一時話題となりました。

 

【92%の医師オススメ】痩せる薬・医薬品の代表がコレ!

 

ほんまでっかTVでは、美肌評論家の森千恵子さんによって、「食べたことをなかったコトにする薬」ということで紹介されていました。
日本ではまだ承認されていないかなりキツイ薬です。

 

ここで少し勘違いというか「飲むだけで痩せる」といったイメージが先行するんですが、これは少し間違いで、ゼニカルというのは、小腸が油を吸収するのを最大2割阻害して、その油を消化をせずに外に出すという効果になります。
この効果は非常に強力で、男性でも生理用品やオムツをつけた方がよいほどのひどい下痢になることがよくあります(笑)ゼニカルはそれほど効果が強いのです。

 

なのでゼニカルは、「太っている人が痩せる薬」ではなく、「取った油をマックス2割カットする薬」「これ以上太らないための予防薬」という表現の方がより正確です。

 

では、今ある脂肪を排出するには?となると、やはり日本の医師も処方している、「防風通聖散」がおすすめです。

 

 

 

サノレックス(マジンドール)

【92%の医師オススメ】痩せる薬・医薬品の代表がコレ!

 

サノレックス(マジンドール)は日本で承認されている数少ない肥満症治療薬。

 

こちらは体に作用するのではなく、脳内の食欲に関する場所に働きかけて食欲を抑える薬です。

 

日本で承認を受けているものの、副作用もともなう取扱い注意の薬のため、個人輸入なども禁止でオオサカ堂などでも買うことはできません。

 

手に入れるには医師の処方が必要で、他にも条件があります。

  • 食事療法や運動療法を試して効果がなかった人
  • BMI が35以上の高度肥満症の人
  • 保険適用でできる使用期間は3ヶ月以内

 

とされており、単にダイエットしたい人が軽い気持ちで手を出してはいけない薬です。

 

ちなみに BMI が35以上とは150cmの人で78.8kg、160cm の人で体重89.6 kg。見た目にも肥満だと認められる人のみが処方を許されます。

 

副作用や飲む期間にも注意が必要で、イライラ、めまい、便秘、口渇感、吐き気、胃の不快感などが出る場合があり、医師の指導の元で飲む医薬品です。

 

 

リポドリン

【92%の医師オススメ】痩せる薬・医薬品の代表がコレ!

 

痩せ薬として検索すると出てくる「リポドリン」。

 

ただ、こちらの扱いは薬ではなくダイエットサプリ
個人輸入で買えますが、日本では薬としては認められていません。

 

エフェドラという成分が食べたい欲求を抑える効果、さらに発汗作用もあるとされていますが、このエフェドラは、実は防風通聖散にも入っている漢方生薬の「麻黄(マオウ)」です。

 

マオウは、気管支喘息や風邪、冷え症や新陳代謝向上にも効果があります。
このサプリは1粒あたりに25mg入っているので、1日推奨量の2粒では50mg。

 

防風通聖散に入っているマオウは1日量で1200mgなので、効果としては24倍も違いがあることがわかります。だからサプリなんですね。

 

 

まとめ

ダイエットサプリも痩せる医薬品も、各社広告戦略でアピールは上手いので、「これなら今度こそ痩せられる!」と思いがち。

 

ですが、一度冷静になって考えましょう。

 

国から効果が認められている、知見の深い医師がすすんで使う医薬品を選ぶのがどう考えても賢明でしょう。

 

1サイズ小さな服を着るという目標がある方は、痩せる薬の代表であるこちらをオススメします。

 

▼初回半額キャンペーン▼


⇒生漢煎防風通聖散の初回半額キャンペーンはこちら